お悩み 成功術 疑問

嫌なら辞めてもいいんです。派遣の仕事を穏便に辞める正攻法はこれだ

Pocket

やっともらえた派遣の仕事。

しかし、「よし、頑張るぞ!」と意気込んだはいいものの、派遣先が自分に合わなくて辞めたくなることは誰しもあることだと思います。

悩む女性

仕事は嫌なら辞めてもいいんです!

好きな仕事を選ぶことは誰もが持っている権利です!

ただし、辞めるためには守るべきルールがあります。

 

① 辞める意思は1ヶ月前に伝える。

② 最初は派遣先でなく派遣会社に連絡する。

 

これらのルールを守らずに辞めてしまうと法律に反してしまう可能性も...。

 

現在では会社とのトラブルを回避するために退職代行サービスを利用する方も増えています。

あなたに合った方法を一緒に探していきましょう!

 

それでは「派遣の仕事の正しい辞め方」について詳しく解説していきます。

すぐ辞められる?切り出すタイミングと周囲への影響を知る

「辞めたい」意思は1ヶ月前に

派遣先の退職意思は基本1ヶ月前に伝えるべきだとされています。

ということは、辞めたい!と思ってすぐ意思を伝えても1ヶ月は働きたくない場所で我慢しなきゃいけないってこと?明日にでも辞めたいぐらいなのに!

皆さんの心の叫びが聞こえてきます…。

 

そうですね。ベストなのは「1ヶ月後に辞めたいんです」と伝えてその通り1ヶ月後に仕事を辞めることでしょう。

というのも、派遣社員は正社員と違って「2週間前に辞める意思を伝えれば会社を辞められる権利」というものがありません。

派遣社員は民法にて「決められた契約期間中は簡単に辞めることができない」とされています。本来ならば契約期間が終わった後に「派遣契約を更新しない」という形を取るのが普通なのです。

 

一般的に、派遣会社は「1ヶ月前に辞める旨を伝えてください」というような内容を雇用契約書に記載していると思います。
契約期間中に辞めたいのであれば、その規則を守ることが後ぐされなく派遣先を辞めることにつながるでしょう。

ですのであと1ヶ月だけ、頑張ってみませんか。

すぐに辞めることによる悪影響

実際のところ派遣会社も派遣社員に労働を無理強いすることはできないため、退職意思を伝えてから1ヶ月後でなくても辞めることはできます。

しかし、「とにかく早く辞めたいんです!」と自分勝手に派遣先を退職した場合、以下のような悪影響がでてきます。

  • 派遣先→急な人員欠員で人手不足に陥ってしまう
  • 派遣会社→後任の人材探しに追われたり、派遣先の信頼を失う
  • 派遣社員→登録している派遣会社から仕事を紹介されなくなる

派遣先、派遣会社、そして退職する本人それぞれに悪影響を及ぼすことが分かりますね…。

 

1ヶ月間辞めたいと思っている会社に居続けなければならないのは、かなりのストレスだと思います。

ですが、退職まである程度時間が設けられることで派遣会社は穴埋めをする人材を探す時間を持てます。派遣先の会社も、代わりに来てくれる派遣社員が1ヶ月の間に決まるのであれば文句ないでしょう。

このように早めに準備を行うことで派遣会社や派遣先との関係が円満なまま退職できますので、派遣会社に「今の派遣先を辞めたい!」という相談はできる限り早めにすることを推奨します。

 

誰に言えば良い?最初に相談する相手を間違えないこと

まずは派遣会社の営業担当者へ

「もう耐えられない…まだ契約途中だけど派遣先を辞めたい!」

不満が募っていき気持ちも限界。派遣先での仕事を続けられそうにない!という場合はまず自分の登録している「派遣会社の営業担当者」に相談するようにしましょう。電話での相談で構いません。

そもそも、派遣会社側は「派遣社員に紹介した仕事を契約途中で辞められる」ことに慣れています。

あなたが「辞めたい」と相談する以前にも別な社員から同じような相談をされているはずです。

 

派遣会社に相談して承諾を得られることができれば、派遣会社の方で退職手続きを進めてくれます。

 

もし派遣会社の営業担当者に対応してもらえないならば、他の相談受付窓口に連絡してみましょう。

最初に派遣先に伝えてはいけない理由

最初に派遣先に退職の意思を伝えると派遣先と派遣会社どちらにも迷惑がかかってしまいます。それはなぜでしょうか?

それは、派遣会社と派遣先の契約を無視する形になってしまうからです。

派遣会社の立ち位置は、派遣社員と派遣先の会社の「パイプ役」。仲介者です。
あなたが雇用契約を結んでいるのはあくまでも派遣先ではなく派遣会社ですし、派遣先の会社が契約を結んでいるのも派遣会社なんです。

そのため、もしあなたが派遣会社を介さず派遣先の上司に「近々辞めることにします」なんて言ってしまえば「契約を結んでいる派遣会社からなにも言われてないぞ?どういうことだ!」と困惑してしまいます。

 

派遣会社・派遣先間のトラブルにつながります。
さらに、どちらもあなたの敵に回ってしまいかねません。

ですので、「辞めたい」と思ったらまず「派遣会社の営業担当者へ相談」!
忘れないでくださいね。

≪合わせて知っ得≫
ちなみに、派遣先を辞める場合は退職届を提出する必要がありません。
労働契約の解約を願い出るのはあくまで派遣会社側であるため、派遣社員が派遣先に対して書類として退職を申し出なくてもよいのですね。

本当に辞めて大丈夫?退職のメリットとデメリット

 

この記事を読んでいる方の中には現在の職場でストレスがたまり今にも辞めようと感じている方もいると思います。

ですがちょっと待ってください!

派遣社員を辞めることにはメリットだけでなくデメリットもあります。

辛い時ほど慌てずに落ち着いて見直してみましょう。

 

<現在の仕事を辞めるメリット>

・今苦しんでいる悩みから解放される

 このメリットがとても大きいと思います。現在の職場で日々感じている様々な悩みを早急に解決することが何より必要だと感じる方も多いでしょう。

・人間関係、職場環境をリセットして再スタートできる

 苦手な同僚や嫌味な上司のせいでストレスを感じている方はとても多いです。「この人さえいなければ」と心の中で叫ぶ方もいるでしょう。そんな現状をリセットして次の職場で新しい仲間と働くことができるのも現在の仕事を辞めるメリットです。

<現在の仕事を辞めるデメリット>

・収入が不安定になる可能性がある

 仕事を辞めるということは収入源がなくなるということでもあります。勢いに任せて辞表を叩きつけてしまうと後々自分の首を絞めてしまうかもしれません。退職は計画的に行いましょう。

・次の職場で同じ問題に直面する可能性がある

 転職の難しいところは状況が改善するとは限らないところです。人間関係に疲れて転職したのに新しい職場でもまた同じ悩みを抱えてしまったら、どうして辞めたのかわからなくなってしまいます。

 

このように仕事を辞めることにはメリットだけでなくデメリットもあります。

自分にとってどの選択が必要なのか、一度落ち着いて考えてみましょう。

何と言って辞める?退職理由には”覚悟”が必要

派遣会社の営業担当者に「今の派遣先、辞めたいんです…」と相談した場合、「はいそうですか、分かりました。では手続きを進めますね!」と簡単に話が進むことは少ないでしょう。
大抵は「退職理由」を聞かれるはず。

結論から言えば、どんな退職理由を話すにしてもある程度の覚悟が必要です。

詳しくみていきましょう。

派遣先の非を訴える退職理由は引き止められる可能性が高い

契約している派遣先に迷惑をかけたくないため、派遣会社側はまずあなたをどうにか引き取められないかを考えます。
派遣先に非があるような退職理由だと、引き止めがしつこい場合も。

よくある退職理由としては、下記のような内容が挙げられるでしょう。

  • 仕事が自分に合わなくてつらい
  • 職場での人間関係がうまくいかない
  • 実際の業務内容が契約内容と異なっている

このような理由を話した場合、

営業担当者
ではまず、派遣先の担当者に職場の状況をうかがってみたいと思います

などと退職の話自体を先延ばしにされるかもしれません。
詳しく理由を聞くため直接面談に持ち込み、「派遣先に改善を促すので、どうにか最後までやりとげませんか?」とうまくまるめ込もうとしてきます。

そのため、上記のような退職理由を伝える場合はある程度引き止められることを覚悟しておきましょう。
そして、「どうしてもやめたい!」という意思をしっかり伝える必要があります。

自己都合の問題を理由にすると承諾されやすい

退職理由としてすぐに承諾してもらいやすいのは「自己都合の問題」です。

例えば、下記のような内容になります。

・体調を崩してしまい、出勤が難しい
・親の介護が必要になり、出勤が難しい

体調不良や家庭の事情が理由だと派遣会社側は引き止めにくいです。

ただし、あまりに深刻な理由を話してはいけません。
症状、病名などを深刻・詳細に話すぎると、派遣会社も責任を感じてしまいますし困惑してしまいます。

とくに嘘の理由として体調不良を訴える場合は気をつけてください。
病気の診断書や通院の証拠の提出を求められる可能性もありますので、病気の詳細については曖昧に説明しましょう。

上記のような自己都合の場合、派遣会社はとやかく突っ込むことができず、1ヶ月またずとも退社できる可能性があります。即退社を受け入れてくれる場合もあります。

当然、自己都合ですぐ派遣先を辞めてしまった場合は派遣会社からも派遣先からも信頼を失い、次の仕事の紹介が非常に少なくなってしまうでしょう。
ですのでこの場合、円満な退職が望めないかもしれないという点で覚悟が必要です。

プロの力で円満に!?退職代行サービスを利用しよう

 

「仕事を辞めることにしたけど上司に伝えづらいな…」

「辞めたいのに営業担当の人が辞めさせてくれない…」

第2章で派遣会社の営業担当者にきちんと意思を伝えることの大切さを解説しましたが、大きなストレスのかかる行動だと思われます。

出来るだけストレスのかからない退職の仕方はないのでしょうか。

 

このような悩みを持っている人のためのサービスが退職代行サービスです。

簡単に説明すると本人の代理として退職の意思を会社に伝えてくれるサービスです。

プロの業者が介入し退職を進めることで、会社とのトラブルを防いでくれます。

・上司、同僚と顔を合わせずに退職することができる

・無理に引き止められるなどのトラブルに巻き込まれない

これらのメリットにより退職時のストレスを大きく軽減することができます。

退職を行うためのプロが集まっているためスムーズに退職の手続きを進めることが出来るのです。

 

しかしそうは言っても退職代行サービスを怪しいと感じる方は多いのではないでしょうか。

「無理やり仕事を辞めたら訴えられるのではないか」

「辞めるまでの間に嫌がらせをされるのではないか」

など悩みは尽きません。

そのため退職代行サービスでは弁護士指導の下できちんと法律に従って業務を行っている会社を選ぶことが重要です!

トラブルを防ぐためのサービスで別のトラブルに巻き込まれてしまったら元も子もないですからね。

また退職代行サービスでは契約期間内の派遣社員についても対応してくれます。

しかし契約内容、会社によって対応が異なるため一度相談されることをお勧めします!

退職代行Jobsが提供するサービスの案内

派遣先を無事に辞められたから安心!で終わらせてはダメ

ここまで読んだ方は、派遣先を辞めたい場合の「相談相手」「タイミング」「退職理由」が理解できたと思います。

では、あとは派遣先を辞めるだけでしょうか?

いいえ、辞めた後のこともしっかり考えておくべきです。

これからも派遣社員として働く場合の心構え

今回は派遣先が悪かっただけ。また新たな気持ちで自分に合う派遣先を探したい!

このような方は、次の派遣先を探さなければいけませんね。

しかし契約途中で派遣先を辞めてしまえば、たとえ退職までに1ヶ月の猶予があったとしても「あの派遣社員は辞めやすい」というデータが派遣会社側に残ってしまいます。

仕事を紹介されにくくなることは必至です。
1ヶ月我慢できず、すぐに辞めてしまった場合はなおさら仕事が紹介されにくくなります。

そのため、「新しい派遣会社」を探して登録しておくことが必要です。
新しい派遣会社でならば、しがらみも罪悪感もなく気持ちを切り替えて次の仕事探しができるでしょう。

 

また、今回「どうして辞めることになってしまったのか?」「本当に自分で解決できなかったのか?どうにもならなかったのか?」を自問自答して原因追求し、しっかり認識しておかなければいけません。

同じ繰り返しをしないためにも、「長く働くにはどうしたらいいのか?」を考えるようにしましょう。

思い切って正社員を目指してみるのもアリ

今回の退職をきっかけに派遣社員を辞めて正社員になってみようかな…?

こういったキャリアの進め方も一つの道です。
_
派遣社員には代わりの存在がいます。辞めやすい立場ゆえ職場からは「所詮派遣社員」という目で見られてしまうこともあります。
さらに、ずっと同じ会社で働いていけるかどうかも分からず収入が不安定で、キャリアアップもしにくいですよね。

ですので「正社員になりたい!」と思うのは全くおかしくはないですし、実際に派遣社員から正社員になっている成功者もいます。

 

派遣社員を辞めて正社員として働くには、下記の2つの方法があります。

・紹介予定派遣を利用する
・ゼロから転職活動を始める

紹介予定派遣とは、派遣期間終了後に実際に派遣先の正社員や契約社員として雇用してもらう働き方のこと。
派遣期間を全うすれば必ずその会社の正社員になれるというわけではなく、採用が決定するには派遣社員本人と派遣先双方の合意が必要で難易度も高いです。

もし、「派遣社員をやめてとにかく正社員として働きたい!」という希望が強いならば、ゼロから転職活動を始める方が一番早いかもしれません。

派遣社員からの転職活動だと不利なのでは?評価されないのでは?と思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。
派遣社員として働いて得た経験・スキル自体をしっかり評価してくれる企業もあります。

 

ちなみに、派遣社員から正社員を目指すなら早ければ早いほどよいです。
長く派遣を経験している方でも、正社員として会社に入社するときは新人であり部下。
30代・40代と年を取っていくと部下としては使いづらいと思われてしまうのです。

Web上の掲示板では、元派遣会社の方の以下ような意見が書き込まれていました。

派遣社員から派遣先の正社員になれるのはごくわずです。なれても契約社員かパートが多いです。また歳をとるほど難しくなります。私からのアドバイスですが、早く正社員の仕事に転職すべきです。40代との事ですが、どんな仕事だろうが派遣社員より正社員の方がはるかにましです。派遣社員はアルバイトよりも将来のない短期的な雇用形態です。このまま派遣社員でやって行けると思わないで下さい。ズルズルと派遣社員を転々とし50代になると派遣社員としても採用されにくくなり取り返しがつかなくなります。

(引用元:派遣社員から正社員になるのはけっこうある話なのでしょうか|Yahoo!知恵袋

正社員なら定年まで同じ職場で働いていくことができますし、年齢や実績によって給料も上がります。責任のある仕事を担うことになり、やりがいも感じることができますね。

そのチャンスを逃さないためにも、転職活動を始めるタイミングは今かもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

派遣先を辞めたい!続けたくない!という悩める派遣社員のために、「派遣の仕事の穏便で正しい辞め方」をご紹介してきました。

まとめますと、

・退職の意思はまず派遣会社に伝える!
・退職の意思を伝えるタイミングは1ヶ月前がベストである!
派遣先の非を伝える退職理由だと引き止められる!
自己都合の退職理由だと今後仕事が紹介されにくくなる!

そしてさらに…

派遣先を辞めるだけでなく、辞めた後のことも考えておかなければならない!

ということでしたね。

派遣先を辞めることは可能です。
その仕事があなたの精神的な負担になっているのであれば、無理して続けていく必要はありません。

しかし、流れやタイミングを間違えればその後の仕事に影響してしまうことを頭に入れておいてください。

あなたの充実したライフワークのためにも、失敗しない方法で次のキャリアへとつなげていきましょう。

「派遣先を辞めたら転職を始めるのもアリだな…どうしようかな…」という方は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

-お悩み, 成功術, 疑問

Copyright© はたホン! , 2020 All Rights Reserved.