成功術 転職

在職中でもOK?潜む問題点とその解決法を知って転職を成功させよう

Pocket

今の仕事にやりがいを感じられない。環境に耐えられない。
そんなとき、周りの環境を変えて新たな気持ちに切り替えたいと考えるものです。

転職を決めてから次に疑問に思うのは、

「転職活動は在職中がいいの?退職後がいいの?」

ということじゃないですか?この点は気になるところですよね。

多くの人は、「在職中の転職活動は難しそう。不利なんじゃ…」と思っているはず。

 

はたして、本当にそうでしょうか?

実は、在職中の転職活動がオススメ。

確かに一筋縄ではいきませんが、ちょっとした工夫で問題は解決できますし、メリットも大きいんですよ!

今回は、在職中と退職後の転職活動それぞれのメリット・デメリットと共に、在職中の転職活動の上手な進め方を解説していきます。

在職中と退職後どちらが転職に有利なのか?

在職中と退職後どちらにしてもメリットとデメリットが存在します。
以下にまとめましたので、どちらが良いのか比較してみましょう。

在職中のメリット・デメリット

メリット

  • 経済的に余裕をもって活動できる
  • 職歴にブランクが空かない

現職の仕事をしながらですので、通常通り給料が入ってきますよね。
そのため、生活面を安定させながら活動を進めることができます。

「そろそろ貯金が底をつきてきた…やばい…」という状況に陥ることはありません。
落ち着いて自分の本当に目指したい仕事を狙いにいけます。
さらに、「落ちても次がある!」とポジティブに考えることもできます。

 

退職してから次の仕事を始めるまでのブランクがないため、面接官から「ブランク期間には特別な理由があるんですか?」という突っ込みはきません。
結構答えにくい質問ですので、省けるのは好都合ですよね。

また、現職の仕事をしながら転職活動を行なっていると「仕事を投げ出していない」「仕事に対する責任感がある」というプラスの印象を企業側に与えることができます。

デメリット

  • 現職の業務との両立が難しい
  • 勤務開始日を企業側に合わせられない

仕事を続けながら転職活動をするとなると、活動にかける時間の少なさがネックになります。

限られた時間の中で自己分析をし、応募する企業を探し、職務経歴書を考え、企業とのやりとりをしなければなりません。うまく時間をやりくりできない人にとっては体力的にも精神的にも辛いでしょう。

 

また、「いつから出勤できますか?」という質問に対して「これから前職で引き継ぎや事務処理などがあるため、○月○日までお時間をいただきたいです」と返答しなければいけませんね。

企業が「すぐにでも働ける人材を優先したい」という場合、採用が見送られる可能性も考えられます。

退職後のメリット・デメリット

メリット

  • 転職活動に集中できる
  • 内定をもらったらすぐに勤務可能である

退職後であれば時間はかなり確保できます。
そのため企業とのやりとりには困りませんし、面接の日程が調整しやすいです。

また、土日祝日がほぼ休みであるハローワークなどを利用したい場合、平日が自由になるのは嬉しいですよね。

 

前職の引き継ぎもなにもないので、「いつから出勤できますか?」という質問に「明日から働けます!」と答えられるのも強みです。

デメリット

  • 無収入になり経済的に困る
  • 退職期間が長くなるほど転職に不利になる

退職してからの転職活動で1番の痛手は、無収入であること。
すぐに転職先が決まればいいのですが、想像以上に長引いてしまう場合もあります。

転職活動が長引けば無収入の期間が続くので、精神的にも余裕がなくなりますよね。
「今月の家賃が…、光熱費が…。明日食べるものは…」という焦りは日に日に募っていきます。冷静な判断ができず転職先に妥協してしまうなんてことも。

 

また、転職活動がうまくいかず、半年、一年…と仕事のブランクが開けば開くほど「このブランクの間、この人は一体なにをしていたんだろう…すぐに仕事モードに切り替えられるのだろうか…」と企業側が不安に思ってしまいます。

“リスク”を避けるために!転職活動は在職中に進めるべき

在職中の転職活動。退職後の転職活動。
それぞれメリット・デメリットがあり、どちらが一方的に有利!とは言い切れない部分があります。

それでも、メリットが多くてリスクが少ないと言えるのは「在職中の転職活動」でしょう。

というのも、いつ終わるか分からない転職活動を退職後に始めるのはリスクが非常に高いからです。

退職後の転職活動のデメリットでも説明しましたが、転職活動がスパッとうまくいく保証はありません。

 

転職活動が長引いてしまったら…。

毎月の生活費、保険料、年金を払っていくことを考えてみてください。
貯金がたくさんあるというならばまた話は別ですが、そうじゃない限りやはり経済的に辛いのではないでしょうか。

無収入の出費は次第に生活を圧迫します。
すると焦りが生まれ、余裕もなくなってしまいますよね。その余裕のなさは転職活動にも現れ、妥協しようとする気持ちが生まれ、本当に行きたい企業ではないところに転職してしまうかもしれません。

再び職場に対して不満をもつことにも繋がり、転職活動を繰り返すことにもなりえます。

在職中だと、

  • 時間的デメリット
  • 企業側への配慮的デメリット

がありますが、逆にこのデメリットさえ解決できればリスクなしに転職活動を進めることができます。

 

以下のような調査結果もあります。

転職成功者1000人に行ったアンケート調査によると、「会社に在籍しながら転職活動を行った」という方は63%。「会社を退職してから転職活動した」と回答した方は34%と、仕事を続けながら転職活動を行った方の方が多いようです。
(出典元:転職活動にはどれぐらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール|リクナビNEXT

企業側も転職希望者が在職中の可能性があることは熟知しています。
在職中の転職活動は珍しくないんです。

臆する必要なんてない!在職中の転職活動の上手な進め方

確かに在職中の転職活動は簡単にはいきません。
そのため、転職活動を円滑に進めるためにも少し工夫をする必要があります。

一般的に転職活動期間は約3ヵ月から4ヵ月程度。

その間の流れは以下の通りです。

これだけのことを今の仕事の傍でしなければならないので、どっしりと構えてしっかり計画を立てたいところです。

これから説明することを意識して活動を始めましょう。
在職中の転職活動は難しい!と思われる問題は解決できます。

転職活動中の心の持ち方

現職の業務と並行して転職活動を進めるにあたっては、気持ちを強くもつことがとても大事。

心に留めておいてほしいのは、「転職活動は労働者の権利である」ということ。
労働者は自分の職業を選ぶ権利、退職する権利を持っています。

 

在職中だと会社を裏切っているような気分になる…後ろめたい…。
そんな気持ちになるのは分かりますが、一度退職すると決めたら腹をくくることが大事。

今の仕事をすぐに投げ出さないだけ偉いのです。
気を使いすぎて転職が失敗したら元も子もありません。

「自分の今後の人生をより良くするためだ、何が悪い!」という気持ちで始めるくらいがちょうどよいのです。

 

「仕事との両立に疲れてきた、つらい…」と思い始めたら、どうして転職を決めたのかを思い出してください。

今の環境から脱したいからですよね。なにか叶えたい夢があるんですよね。
その気持ちを原動力にしましょう。

これから長い人生のことを考えれば、転職活動は一時的なものです。
常に「できる!やってやる!」とプラス思考で自分自身を奮い立たせるようにしてください。

ポジティブな気持ちで活動していれば冷静な判断もできますし、うまくいく確率も上がります。のりにのってくれば「よくやった自分!あともう少しの辛抱だ!」と思える日が必ずやってきます。

効率的な時間の使い方

現職の業務に追われてただでさえ忙しい毎日ですので、時間の使い方が非常に大切になってきます。
企業研究や書類作成、面接練習、企業とのやりとり…と、転職活動でやるべきことはたくさんありますよね。

そこで、「時間がない」と嘆くのではなく「時間をつくる」ことを意識しましょう。

具体的な時間の使い方は下記の通りです。

■朝

朝は30分だけ早く起きましょう。
それだけでも、1週間で2時間半を有効活用することができます。
早く起きたら自分のキャリアの棚卸しを進め、書類作成に活かしましょう。

■通勤時間

電車やバスなどで通勤している人は、通勤時間も転職活動に回せます。
スマホを使って企業の情報収集を進めましょう。
頭で「○○を聞かれたらこう答えよう」と考えるなど、面接の準備もすることもできます。

■休憩時間

お昼休みの時間が1時間あるならば、その半分の時間を転職活動に当てましょう。
30分もあれば企業の情報収集を進められます。
また、在職中の転職活動者にとって昼休みは企業とのやりとりのチャンス。
現職の会社から遠くない場所であれば、面接を設定してもらうのもありです。

■就業後

就業後、帰宅してから就寝前までなら1時間以上とれるはず。
仕事をなるべく早く終わらせるように努力し、残業時間を減らせばさらに平日を有効活用できます。
定時以降の時間に面接を設定してもらえる場合もあるので、積極的に空けたい時間です。

■休日

休日は自由ですので、転職活動を進める絶好のタイミング。
自己分析を進めたり、面接練習をしたり、できることは多いと思います。
だらだらと眠っているのでは時間がもったいないです。
まとまった時間をとることができるのは休みの日だけですので無駄にしてはいけません。

また、有給休暇も活用するべきです。
どうしても仕事のある日と面接の日が重なってしまうことがあります。早めに日程がわかった時点で有給休暇の申請をするようにしましょう。

企業とのやりとりの仕方

転職活動では企業とのやりとりがかかせません。
複数企業に応募するのが基本なので、選考が進めば進むだけやりとりが増えていきます。

在職中だと「バレるのが怖い…」と思っている人が多いでしょう。
社内にバレないようにうまくやりとりをしたいはず。

社内にバレないやりとり

社内にバレないようなやりとりをする上で、注意して欲しいのは下記の2つです。

  • メールを使用するときは会社のメールアドレスを使わない
  • 電話は人目につかない場所でする!

会社から貰ったメールアドレスはサーバー管理者が内容を把握できるようになっています。そのため、会社のメールアドレスは使わず、専用のフリーメールアドレスを使うようにしてください。GmailやYahoo!のメールアドレスでOKです。

フリーメールだと相手企業に失礼なのでは?と思うかもしれませんが、思っているほど採用担当者は応募者のメールアドレスにこだわっていません。アドレスの名前を恋人の名前にする…みたいなことをしない限りは大丈夫でしょう。

企業から電話がかかってきたとき、またはかけるときは慌てず冷静に。
さりげなく外に出たりトイレの個室に入って連絡をとるなど、人目につかないところに移動して電話をするようにしましょう。

面接の日程が決まったら

面接の日程が決まった時点でさりげなく有給休暇を申請することが大事。
なるべく早めに伝えることができれば単純に「どこか遊びの用があるのかな」と思ってもらえます。
面接当日になって「体調不良で…」と休む方法もありますが、会社に迷惑がかかるためオススメしません。

 

また、面接の日程が決まっても仕事の都合上どうしても休暇がとれない!という場合もあります。

その場合は仕方がありません。
応募企業には迷惑をかけてしまいますが、変更の連絡を1週間前にするようにしてください。それ以降だと印象が悪くなってしまいますので注意。

転職エージェントを利用すると効率的

時間は自分で作り出せ!といっても、やはり仕事の傍で時間をつくっていくのは難しいものです。

なんとか時間をつくって自己分析や書類作成に時間をかけたとしても、相手企業側に「退職準備があるからすぐに入社することはできない」なんて言いづらいし、言ったら逆効果かもしれないし…と思うのも当然のこと。

  • 時間がとれない。
  • 自分で進めていくのは大変。
  • 企業とのやりとりが面倒。
  • 相手企業に言いづらいことが多い。

そんな在職中の転職活動のデメリットを解決したいのならば、転職エージェントを活用すると効率的です。

転職エージェントとは、無料登録することで転職相談に乗ってくれるサービスのこと。

通常の転職サイトと異なり、転職活動を自分だけで進めるのではなく担当についてくれるアドバイザーと一緒に進めることになります。

 

転職エージェントがしてくれるのは主に下記のようなことです。
転職に必要な全てのサポートを受けることができます。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接のセッティング
  • 面接対策
  • 給料・入社日の調整

1人だと時間をかけてしまうような履歴書や職務経歴書の制作も手伝ってくれるので、転職活動で最も面倒な作業の時間カットが可能です。

希望年収や入社可能日など、自分では直接伝えづらいことも代理で伝えてくれます。
企業とのやりとりは担当アドバイザーがしてくれるので、応募企業と直接的なやりとりが必要なのは面接本番くらいになるでしょう。

 

転職エージェントの数はかなりありますが、中でもリクルートエージェントはオススメ。

業界トップクラスの求人数で、非公開求人数は約100,000件もあります。

アドバイザーとのやりとりは専用ページにて簡単に可能。
面談自体は土日祝日・平日20時以降でも大丈夫。
さらに、専用ページからは簡単に新着求人をチェックするコンテンツもあります。

現職の仕事と両立して転職活動を進めたい人にとっては嬉しいサービスですよね。
在職中に転職したい!という人には積極的に活用してもらいたいです。

エージェント側も転職に本気な人を成功に導いていきたいと思っています。
利用する際は、「絶対に内定をとってやる!」という気持ちで臨むことを忘れないでくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

新たな環境で仕事をはじめたい。
でも、転職活動って在職中にしていいの?それとも退職後の方がいいの?

その答えは「在職中」の方がオススメ!ということでした。

要点をまとめますと、下記のようになります。

  • 在職中に転職活動をすれば経済的リスクが少ない!
  • 在職中に転職活動を行う問題点は少しの工夫で解決できる!
  • それでも難しく不安な場合は転職エージェントを活用する!

「転職」は人生の転機なのですから、失敗はしたくないものです。

転職活動を頑張って良かった…!と思える日が来て欲しいですよね。

自分の納得できる仕事につくためにも、自分が転職活動を進める上での問題をしっかり把握し、スケジュールを立てることが大事です。
活用できるサービスは積極的に活用しながら、効率的に転職を成功に導いていきましょう!

-成功術, 転職

Copyright© はたホン! , 2021 All Rights Reserved.